読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【楽園】←《受験勉強》→【運命】

2割ぐらいしか役に立たない受験勉強に一年の8割を注ぐ。これをパレートの法則っていうんだよね。

高3になる前に、志望校を語る

普通の日記

高校受験の時、適当に進路を決めてしまったので、大学受験ではもっと慎重になります・・・

志望校の選択基準ですが、優先順位としては

ブランド≧学問>周辺環境>>学費>>通学圏内か否か>私立国立

の順です。

レベルに関しては正直どうでもいいです。ブランドの高さを求めるとどうしても大学のレベルも上がっていきますが、例えば7科目必要な広島大学と、3科目必要な明治大学だったら、僕は明治を選びます。それは上の選択基準によるものです。

 

私立国立かは正直どうでもいいです。親は国立の方が上といううっすらとしたイメージは持っていましたが、そこに拘ることもありませんし、身内で私立国立こだわる人間がまずいません。

そこまで田舎じゃなくてよかったと思います。

 

ブランドに関しては、できれば旧帝早慶レベルがいいと思っています。

が、別に就職で優遇されたいとかいう希望はありませんし、優秀な人間と関わりたいとかいう希望もありません。どちらかというと底辺系の小中高生活を送ってきたので、むしろある程度庶民的な世界で生きたいです・・・

単に、将来失敗してから人生で一番努力できるチャンスを無駄にしたせいだと思いたくないだけです。

 

そして、学問。文系の分野とされるものは大体興味があるので、正直なんでもいいんですが、その中で傑出しているのが宗教・言語・文化系。

ドイツ語圏、南・東ヨーロッパあたりに興味があります。

 

周辺環境というのは、自宅との距離などを無視した、大学単体の立地の問題です。

基本的には都会がいいんですけど、ひぐらしとかヨスガノソラとか見てるとド田舎に憧れる不思議。

でもなんだかんだ都会がいいですね。ちなみに、自宅は割と便利なところに建っているので、自宅通学ならどんな立地でも構いません。そこまで欲張るつもりはありません・・・

 

自宅通学可能かどうかも・・・どうでもいいですね。

独り暮らしはしたいですが、自宅なら自宅でその安定感を活かしてより色んなことに挑戦できそうなので(ふんわりしてますね)。

とりあえず電車で20分ぐらいで大阪行けばなんかあるっしょ!!

 

以上のことを総合した結果・・・候補に挙がる大学は・・・

 

大阪大学

東京外国語大学

早稲田大学

慶應義塾大学

上智大学

同志社大学

関西学院大学

立教大学

 

ぐらいになります。志望校欄参加率上位メンバー。

この中で、親に許可されたのが阪大、早慶同志社

そこから阪大と早慶併願の負担も考え、小論文必須の慶應を外して

阪大・早稲田・同志社に絞り込みました。

 

学部で言えば、

阪大→外

早稲田→文・文構・教

同志社→神・文・社・グロ らへんでしょうか・・・・