読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【楽園】←《受験勉強》→【運命】

2割ぐらいしか役に立たない受験勉強に一年の8割を注ぐ。これをパレートの法則っていうんだよね。

早稲田大学 教育学部 2017 世界史

MARCHぐらいの世界史なら8~9割解けるようになってきた(たまにハマって7割半とかになるけど)のですが、早稲田となると急に解けなくなるので、過去問研究でもしようかな、と。。。

 

政経、法、社学は早稲田の中でも超絶難易度なのでやりません。

とりあえず教育学部でやります。

 

大問1

 

(1)これは簡単ですね。

(2)これまた簡単。カラカラ帝の本名「マルクスアウレリウスアント二ヌス」を知らなかったら間違えるかもしれませんが、東進の一問一答に載ってます。哲人皇帝と同姓同名。

(3)後者は明らかな間違いですが、前者は無理。多分イギリスが余計です。

(4)簡単。

(5)ガレー船は名前しか知りませんが、消去法でなんとか・・・

(6)なんとなくcですかね・・・なんとなくの知識と若干のなんとなくの消去法で解けます。貿易系はまだやってないからやらなきゃな

(7)よく知らないやつが選択肢に紛れ込んでますが、アンカラは超基本知識なのでなんとか。

(8)簡単。19世紀初頭の奴隷貿易法をヒントにする、でオッケーでしょうか。

(9)これはキプロスのやつを覚えてなくてできなかった。

b→c→dはわかるんですが、どこにキプロスくるかわからへん。1900年代に入ってかららしいです。

(10)簡単。

設問Aはアテナ女神像で有名なフェイディアス、Bは離れてる方のナポリ王国ですね。

 

ここまでで10/12問正解です。やっぱり年代、貿易が課題ですね。。。

貿易系、アフリカ史、らへんは興味なくて全然やってない。

 

大問2

(1)年号とか月とか書かれると自信なくなるんですけど、a以外明らかな間違いなので一応できますね。ちなみにローズヴェルトは4月に亡くなったそうです。余談ですがポツダム会談の写真のスターリンが楽しそうで好きです。

(2)これは無理でした・・・現代史ガバガバすぎる。

(3)これはなんとか。4巨頭はゴツイ名前が多い、みたいな変な覚え方してます。

(4)これはよくわからん。

(5)年号があってるかわからん。前者はブッシュの間違いなんですけど。「年号なんかでひっかけてくるわけない!」と考えるか、「早稲田なら年号でもひっかけてくる!」と考えるかを決めるよりは、年号を覚えた方がよさそうですね。

(6)なんでインド?

(7)時代系は無理です。出直します。

(8)ブラント。一瞬アデナウアーかと思ったぜ。

(9)aがよくわからんかったけど、dを直接狙いに行きました。

(10)一瞬「ん?」ってなったけど、よく考えたらチェチェン紛争の時はもうソ連ではありませんね。

設問A。中学校の定期テストかよ。

設問B。この言葉好きです。なんとなく。

設問C。オーデルナイセはドイツ史に興味持ったら絶対知ってる。2本の川といえばオーデルナイセ。ティグリス?ユーフラテス?なんですかそれ。

9/13でした。思ったよりできるけど、年号暗記サボり、現代史サボりがモロに出てますね。

 

大問3

 

(1)これはbにダイレクトアタック。三国志自体興味が無いのでパズドラで覚えてます。呉は孫権孫権は水属性なので呉は海に近い。劉備諸葛亮とセットで木属性。

(2)土断法がよくわからんので、逆消去法。

(3)永嘉の乱は一問一答でチラ見しただけなので、消去法。。。

(4)あー。このへんサボりポイント。

(5)はいわからん。なんかだんだん知識のレベル上がってね?知らん人物名いっぱい出てきてるんですけど・・・

(6)むり。

(7)洛陽→竜門、大同→雲崗、くそくだらん暗記法があるんですけどなんだかんだそれで覚えてます。

(8)急に簡単になったな。

(9)急に簡単になったな。

(10)渤海じゃないの?と思ってa選んだんですけど、どうやら震国もあってるらしいです。選び方が間違ってるんで実質不正解ですね・・・

設問Aは簡単、Bは一問一答でしか見なかったな。張陵の五斗米道

8/12。結構ハードだったし、自信持って答えられるやつが少なかった。

国史何回焼き直しすればいいんですか!!!

 

大問4

 

(1)簡単。

(2)ほぼ字面で連想して解いたんですけど、実質不正解ですね。。。ある単語を見て、それを頭の中で読み上げたら関連する単語が呼び起こされる時があるんですけど、これもはや解法じゃないでしょ。

(3)ほとんど消去できないのでダイレクトアタック。

(4)名前は知らんかった。尚氏っていうぐらいだから選べるのは選べる。

(5)これはまあ、結構いけますね。

(6)簡単。

(7)一応簡単なのかな?一瞬スレイマンちがくね?と思ったけど、一回目は彼ですね。なんか第二次ウィーン包囲の方が印象強いんですよね。

(8)タスマンってニュージーランドしか知らんのですけど。

(9)速攻3連消し。

(10)これも基本。インド東端のカルカッタ近くにあるのがシャンデルナゴル

設問A~Cは間違えるものなし。

 

12/13。

 

 

39/50。8割弱ですか。

去年の冬は24ぐらいだった気がするので、結構伸びたんでしょうか。

ただ、サボってるところ、興味のない所がボロボロですね。

論述対策、早稲田対策入る前に、まずはその辺をカンペキにするべきですね。

 

いやぁ~課題のわかる良い問題が多かったですね。

早稲田にしてはあまりキチガイみたいな知識問題とかなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独学のいいところ

良いタイトルが思い浮かばなかったので適当にひらがなにしました。

普通は漢字で書くところをひらがな、カタカナで書くと意味ありげに見えるよね。

 

僕は高1の秋ぐらいから、学校の勉強をほとんど捨てて、独学に走りました。

定期テストの点数に関して言えば、高校入学時は85~95%は得点していましたが、現在では赤点連発+平均点超えが2科目だけ、とかです。

しかしその一方で、偏差値は上がりました。具体的な数字で言うと、60前半から70半ばですね。

 

結果も一応出したということで、独学についていいところを挙げていきますね。

 

いいところ1.ペース管理がしやすい

 

学校の勉強では、ペース管理が完全に教師に依存してしまうので、ペースがずれたりして厄介です。ならばいっそ、すべて自分で管理してしまおう、というのが私の考えです。

その分教師のやってることに合わせられないので、小テストなどに落ちて「お前はダメだ」とか言われるかもしれませんが、関係ありません。落ちたところで追試なんか踏み倒せばいいんです。そもそも、ランダム出題の小テストの場合、苦手なところが出れば落ちて、出なければ受かる、ということがありえるので、意味がありませんし、逆に運に関係なく受かる人には小テストなんか必要ありません。

 

いいところ2.速い

 

これがすべて、と言いたいぐらい。センターレベルの単語帳一冊に一年半、二年かけるなんて無意味です。

僕は暗記強者ではないので、一か月で終わる、とまでは言い切れませんが、一年も必要ありません。

 

いいところ3.自分のニーズに合わせられる

 

集団教育の一番の問題点は、生徒個人個人のニーズに合わせられないという点だと思います。

別に、「周りのクラスメイトが雑魚だから俺に合わせろ!!!」とか言いたいわけではありません。そんな学力ありませんしね。

単に、個々の得手不得手に合っていない一律の指導をされても、得られるものは少ないと思うんです。

よく、「ただでさえ学校の授業についていけないやつが独学なんかするな」と言われますが、僕は寧ろその逆だと思います。

ついていけないのなら、すぐに追いつく必要はないのでは?

ついていけなくなったのは仕方がないので、ついていけるように独学をするのが一番だと思います。

わかりもしない授業を聞いてもストレスがたまるだけでしょう。

 

 

とまあこんなかんじですかね。

自称進学校なんかでは、独学は嫌われます。「授業がナンバーワン!」「定期テストできないやつは落ちる!」が大好きな教師がいっぱいいます。

実際には定期テストよりも模試の方が実力も努力も必要です。

たとえば僕の好きな「世界史」に関して言えば、定期テスト一回分の情報量は、全体の3%あるかも怪しいです。しかも、「使える」覚え方をする必要が無いので、実質ほぼ0%に等しいでしょう。

 

いろいろ書きましたが、以上です。

某全国トップレベル高校の友達(なぜそんな人と友達になれたのかはわかりませんが・・・)は、定期テスト駿台より多少難しいと言っていましたので、それぐらい質の高い定期テストならいいのではないしょうか。

そもそもそれぐらいのレベルの高校は基本的にはみんな独自に勉強するそうですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高3になる前に、志望校を語る

高校受験の時、適当に進路を決めてしまったので、大学受験ではもっと慎重になります・・・

志望校の選択基準ですが、優先順位としては

ブランド≧学問>周辺環境>>学費>>通学圏内か否か>私立国立

の順です。

レベルに関しては正直どうでもいいです。ブランドの高さを求めるとどうしても大学のレベルも上がっていきますが、例えば7科目必要な広島大学と、3科目必要な明治大学だったら、僕は明治を選びます。それは上の選択基準によるものです。

 

私立国立かは正直どうでもいいです。親は国立の方が上といううっすらとしたイメージは持っていましたが、そこに拘ることもありませんし、身内で私立国立こだわる人間がまずいません。

そこまで田舎じゃなくてよかったと思います。

 

ブランドに関しては、できれば旧帝早慶レベルがいいと思っています。

が、別に就職で優遇されたいとかいう希望はありませんし、優秀な人間と関わりたいとかいう希望もありません。どちらかというと底辺系の小中高生活を送ってきたので、むしろある程度庶民的な世界で生きたいです・・・

単に、将来失敗してから人生で一番努力できるチャンスを無駄にしたせいだと思いたくないだけです。

 

そして、学問。文系の分野とされるものは大体興味があるので、正直なんでもいいんですが、その中で傑出しているのが宗教・言語・文化系。

ドイツ語圏、南・東ヨーロッパあたりに興味があります。

 

周辺環境というのは、自宅との距離などを無視した、大学単体の立地の問題です。

基本的には都会がいいんですけど、ひぐらしとかヨスガノソラとか見てるとド田舎に憧れる不思議。

でもなんだかんだ都会がいいですね。ちなみに、自宅は割と便利なところに建っているので、自宅通学ならどんな立地でも構いません。そこまで欲張るつもりはありません・・・

 

自宅通学可能かどうかも・・・どうでもいいですね。

独り暮らしはしたいですが、自宅なら自宅でその安定感を活かしてより色んなことに挑戦できそうなので(ふんわりしてますね)。

とりあえず電車で20分ぐらいで大阪行けばなんかあるっしょ!!

 

以上のことを総合した結果・・・候補に挙がる大学は・・・

 

大阪大学

東京外国語大学

早稲田大学

慶應義塾大学

上智大学

同志社大学

関西学院大学

立教大学

 

ぐらいになります。志望校欄参加率上位メンバー。

この中で、親に許可されたのが阪大、早慶同志社

そこから阪大と早慶併願の負担も考え、小論文必須の慶應を外して

阪大・早稲田・同志社に絞り込みました。

 

学部で言えば、

阪大→外

早稲田→文・文構・教

同志社→神・文・社・グロ らへんでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

高2のうちにやっておきたいこと

あと1か月で高2が終わるわけですが・・・

やっておきたいことを書き連ねる。

 

・現代文読解力開発講座

これはだいぶ前に、初めて現代文の勉強をしたときに使った参考書だが、その時は要約とかもあんまりやってなくて、とりあえず現代文のだいたいの解き方だけ学んで終ったので、あらためてやります。次は→「現代文と格闘する」

 

GMARCH関関同立の古文

MARCHレベルの確認。センターもかなり安定しているので安心。

次は→「古文上達56」

 

・やっておきたい英語長文700

終わるかは微妙だが、今の調子ならなんとかなりそう。思ったより難しくなかったですね。簡単とは言いませんが、模試で出題されても驚かないぐらいの難易度です。

次は→「過去問」

 

・速読英熟語

サボりすぎて全然進んでなかった。次は→「リンガメタリカ

 

・マーク式基礎問題集漢文

こっちもサボってました。次は→「センター過去問」

センターの漢文絶対一問間違えるんですけど呪われてるんですかね。

 

・詳説世界史

教科書って終わりが見えないけど、要するにセンター9割以上安定させるという意味です。次は→「東進一問一答」

論述の時は研究の方使うかもしれない。

 

・即戦ゼミⅢ

最後の方やらなくていいですかね?次は→「英会話問題のトレーニング」

 

 

具体的にはこれぐらいでしょうか。

センターの物理基礎、化学基礎は問題集一冊、数学は緑チャートやればいいかなあ。

二次試験の科目は全体的に早慶レベルの初級みたいな感じですね。

ネット上で、早慶レベルはここからみたいなのによく挙げられる参考書に入っていく感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年間予定(夏まで)

年間予定を、覚書としてもここに書いておこうと思う。

 

まず、2月。スキー旅行で丸一週間潰れるので正直あまり期待していない。

多分勉強できるのはあと7日ぐらい。

なのでここでは無理せず、現代文、古文などの日課系参考書を終わらせていき、傍ら物理基礎や数学などのセンター専用科目もちょこちょこ進める。

 

そして3月。多分なんだかんだ暇だと思う。学年末テストはいつも通り捨てる。

4月になると鬼の面談が始まるので、そこで「阪大?早稲田?プッ」ってされないように頑張るなりよ。

できればここで、「現代文と格闘する」「古文上達56」に突入したい。あと緑チャートもⅡBへ行きたい。

つまり簡単に言うと、早慶レベルの対策に入りたい。

英語は既に入ってるんですがね・・・

 

4~7月は、夏休みまでのプレリュードっていうんですかね。夏にスパートかけられるように、余計なものを排除しておく期間。

「現代文と格闘する」「古文上達56」「やっておきたい英語長文700」「ハイパートレーニング自由英作文」「緑チャート」「東進一問一答世界史」をここで〆たい。

センター日本史も、世界史の時のペースを考えると、夏休みに入るまでに8割はいきたい。世界史でも4か月、スキマ時間使って8割安定したから日本史でもいけるはず。

 

7月後半~8月は「受験の天王山(笑)」

ここまでうまくいっていれば、流れ上は国語・英語・世界史ともに早稲田の過去問をやれるはず。世界史の問題演習が足りない気がしなくもないが・・・まあそこもチューニングしたい。

ここの時点で、多分今僕の本棚にある参考書はすべて終わっているはず。

 

 

とまあこんな感じで、高2の時の勉強のペースから考えて立てた計画。

カギとなるのはおそらく、国英世を早慶レベルまで上げる段階で、いかにほかの科目でその3科目の邪魔をしないか、であろう。

阪大よりもまずは早稲田に合格するのが優先なので・・・

そもそも理科基礎、数学はあってないようなもんだから、実質懸念すべきは日本史だけか。

世界史独学で編み出した俺のセンター地歴処理プロセスを解放してやるぜ!!!

 

 

 

 

 

 

 

志望校とか、勉強の予定とか・・・・

さて、私の志望校を公表しよう。

 

第一志望としては

大阪大学国語学部ドイツ語学科

早稲田大学文学部(独文)

 

ヘンな志望校、と思った其処のアナタ、ドイツ語を学びたい人間の進路は狭いんですよ。

ウルドゥー語とかウクライナ語とかだったら納得いくんだけど、ドイツ語を学部学科レベルで扱ってる大学って驚くほど少ないんですね。

英語、中国語は結構あるんですけどね。

ドイツ文学科、ならまだあるにはあるんですが。

僕は関西人ですから、東京外大ではなく阪大になった、そんな感じです。

ドイツ語に関して名門なのって、東京外大、阪大、上智大、獨協大ぐらいなのでは?

 

さて、志望校を紹介したところで、科目とか勉強プランとか。「とか」って打った時に必ず「と禍」に変換されるんですけど、これなんなんですか。

 

使用する科目は、

*センター限定      *センター二次個別

・数学ⅠAⅡB       ・国語

・物理基礎        ・世界史B

・化学基礎        ・英語

日本史B

 

多分選択科目的な意味でかなり異端だと思う。

国立文系志望で物理基礎選択、日本史世界史同時選択。

日本史世界史両方使うのって、それこそ東大京大文系志望ぐらいなのでは?

あとは僕みたいな歴史好きか。

一人称が安定しなくてゴめンなサい。現実世界で一人称使わないんで・・・ なんていうか、自分の話を殆どしないので・・・

 

阪大外語のセンターボーダーは以外に低く、合格者平均は80%前後、東進が発表しているセンターボーダーはAラインでも8割前半。ドイツ語学科はそれでもまだ高い方。

 

今の状況から考えて、85%を目指します。

確実に9割超える組→英語筆記・理科基礎・世界史・日本史

9割狙う組→数学・英語リスニング・

8割で妥協→国語

 

阪大外語は全科目配点が同じなので、これぐらいで十分すぎるでしょう。

 

が、何よりも大切なのは阪大二次及び早稲田。

阪大は配点のほとんどが二次試験。

 

個人的には、英語の出題形式が2大学において相補的なのが面倒。

阪大の二次は6割強、早稲田は7割~7割半を狙うことになる。

僕の場合、英語でそこそこ稼いで、世界史でしっかり稼いで、国語は足を引っ張らないようにするスタイルになるでしょう・・・

やっぱ興味のない科目って伸びないわ。

 

まあひとまず。ここで切りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ始めたよ~

今年から受験生になるんですけど、進捗管理とかいろいろ面倒なのでブログをやります。

スタディプラスとかやったんだけど、いちいち記録するのがめんどくさくて、タイマーストップ忘れたりすると面倒だからやめました。

 

志望校とかに関しては別記事を書きます。

 

定期テストは全捨て、平均点ー20点~赤点を取るのが常なので、定期テスト関係の勉強法に関しては書きません。

定期テスト期間って学校早く終わるから、その時間を自学自習に費やした方がいいと思うんです。

考えを押し付けるつもりはありませんが、一度試してみては?

 

この記事はそんなにいっぱい書くつもりないので別記事へ~